Copyright © 1995-2019. Keidanren. All Rights Reserved.

Start-up Innovation

​for Society 5.0 

​海の豊かさを守ろう

陸の豊かさも守ろう

 海洋森林は、人間と生き物が互いに共生していくために必要な場所です。また食糧生産や、二酸化炭素の吸収、土壌の浄化、治山・治水などに不可欠です。そのため、過度な森林伐採や、生物の乱獲は、生態系を不安定化させ、経済社会に大きな影響を与える可能性があります。有史以来、人間が生活していくためには自然の恵みを享受することが必要であり、生物多様性を維持しつつ自然資源の恩恵を得るという、持続可能な自然共生社会の構築が求められています。


 これに対して、私たちは革新技術を最大限活用した新たな方法を提示していきます。例えば、IoT技術を備えたセンサーとアプリケーションにより水温などのデータの可視化、AIによるデータ分析、画像解析技術を活用した個体数の自動化などにより、マグロ生育における給餌量やタイミングなど養育方法・環境の改善・最適化を図ります。また、土地の風土や気候に合わせた植物の栽培に役立つビッグデータの解析技術や、農園管理に役立つ小型・高精度のセンサー技術などを活用することで、砂漠化し自然回復が不可能だった土地で森林生態系の回復に成功しました。

Society 5.0 for SDGsの実現に向けた第1歩となるイノベーション

Loading

...

. / .