Copyright © 1995-2019. Keidanren. All Rights Reserved.

Start-up Innovation

​for Society 5.0 

​全ての人に健康と福祉を

日本では社会全体で高齢化が進展し、「寿命」とともに「健康寿命」(健康に生活できる期間)の増進が課題となっています。一方で、現役世代の金銭的な負担増や社会保障制度の持続可能性に対する懸念といった課題も重くのしかかっています。また世界では、栄養不良や、難病、感染症、交通事故、不健康な食生活や生活習慣病など、人びとの健康の維持には多くの課題があります。

 

こうした課題に対して、私たちは新しい解決策を提供していきます。例えばウェラブル型端末から得られるバイタルデータのAI解析等により、ひとり一人に合わせた疾患の診断・予防・治療を支援します。また、IoT技術を活用して交通事故多発地点や危険地点、運転者の健康状態を特定し、安全なルートや運転方法を提案することで、交通事故ゼロ社会を目指します。顔写真と体重・身長・飲酒・喫煙等の情報から、AIが、不適切な生活習慣を維持した場合の利用者の将来の顔を予測して生活習慣病のリスクを伝えること等により、利用者が楽しみながら生活習慣病や健康改善に取り組むことができます。

 

従業員の健診・医療データを分析し、従業員の健康改善と健康保険制度の安定化を実現します。更にはジカウイルスの検出試薬により、簡便かつ短時間、低コストで感染症の流行を阻止します。

Society 5.0 for SDGsの実現に向けた第1歩となるイノベーション

Loading

...

. / .