top of page

サイト内検索

「」に対する検索結果が616件見つかりました

  • 女性の活躍 | keidanrensdgs

    女性の活躍 女性の活躍 Diversity & Inclusion D&Iは、サステイナブルな資本主義のカギとなるイノベーションや活力の源泉であり、企業の経営戦略の重要な柱の1つとして取り組む必要があると考えています。 ​ 「2030年30%へのチャレンジ」 D&I実現のための1つのメルクマールとして「2030年に女性役員比率30%以上を目指す」との目標を掲げ、会員企業に賛同を呼びかけ。 「経団連女性エグゼクティブ・ネットワーク」 女性役員のための更なる活躍支援の取り組み。 ​ 「女性の活躍推進による成果・ビジネスインパクトの先進事例集」や 「女性の活躍事例集」の公表 ​ 理工系女性人材育成に関する取り組み 女子中高生の理系への関心を高めるためイベントを開催。 (各リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

  • Society 5.0のヘルスケア| 経団連 |KeidanrenSDGs

    ​× Society 5.0 日本は、 世界に先駆けて超高齢化社会を迎えています。経団連が実現を目指すSociety 5.0では、高齢化に伴う諸課題の解決に向けて、人間の身体、生理機能、行動のデータ化、バイオテクノロジーの進歩など、革新技術を最大限利活用することで、これまで治せなかった病気の治療や予防が可能となり、全世界の人類の健康、課題解決に寄与します。Society 5.0では、人類の健康とイノベーション、経済成長が同時に達成されます。 Society 5.0 for SDGs Society 5.0に向けて Society 5.0とは 企業行動憲章 取り組みの例

  • 地域協創 | keidanrensdgs

    ​地域協創 地域協創アクションプログラム・事例集 地域経済の持続可能な活性化に向けて、さまざまな主体間での地域協創が欠かせません。 経団連は、地方創生の実現に向けた取り組み方針とそれにもとづくさまざまな連携パートナーとの実行内容をまとめた「地域協創アクションプログラム」と、会員企業・団体の取り組み事例をまとめた「地域協創事例集」を公表しています。 (リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

  • Society 5.0に向けて | 経団連 | KeidanrenSDGs

    Toward Society 5.0 世界は、 健康・医療、農業・食料、環境・気候変動、エネルギー、安全・防災、人やジェンダー平等など、多くの社会的課題を抱えており、Society 5.0の実現は人類が協力して取り組むべき課題であり、SDGsの達成とも軌を一にする と考えています。とりわけ日本は少子高齢化、財政悪化、地域衰退、エネルギー、自然災害など国家の根幹を揺るがすさまざまな社会的課題に直面しています。われわれ自身も自ら変革を成し遂げ、これらの課題解決にいち早くチャレンジすることによって、人類の健全かつ持続的な発展に貢献していきます。また、皆さまの良きパートナーとして、その知見を活かし、世界中に散らばる課題を共に解決していきたいと思います。 Society 5.0 for SDGs 企業行動憲章 Society 5.0とは Healthcare in Society 5.0 取り組みの例

  • 気候変動 | keidanrensdgs

    気候変動 チャレンジ・ゼロ ─ イノベーションを通じた脱炭素社会へのチャレンジ パリ協定が目指す脱炭素社会を一日も早く実現するためには、企業自らが脱炭素社会への挑戦を重要な経営課題と位置付け、革新的な技術を開発し、社会実装することが強く求められています。 「チャレンジ・ゼロ」の参加企業・団体は、脱炭素社会に向けたイノベーションに果敢に挑戦する「チャレンジ・ゼロ宣言」に賛同し、ネット・ゼロエミッション技術(含む、トランジション技術)の開発と、その積極的な実装・普及、ファイナンス等の具体的なチャレンジを表明しています。 経団連カーボンニュートラル行動計画 経団連は、京都議定書の合意(1997 年 12 月)に先立つ1997年6月に「経団連環境自主行動計画」を策定し、着実なCO2の排出削減を進め、わが国の京都議定書の目標達成に大きな役割を果たしました。 以来、経団連は、四半世紀にわたり、排出削減に向けた主体的取組みを推進しています。 近年、2050年カーボンニュートラルの実現に対する世界の関心と期待がより一層高まる中、経団連は、その実現を今後目指すべき最も重要なゴールと位置づけ、以下を柱とする「経団連カーボンニュートラル行動計画」に取り組んでいます。 2050 年カーボンニュートラルに向けたビジョンの策定及び革新的技術の開発・導入 国内の事業活動における排出削減 主体間連携の強化及び国際貢献の推進 グローバル・バリューチェーン(GVC)を通じた削減貢献 グローバルに張り巡らされた企業のバリューチェーンにおいて、様々な主体が連携し、製品・サービスのライフサイクル全体でのCO2排出削減を「見える化」する取り組みです。 2018年にコンセプトブックを刊行し、毎年改訂を続けています。前半では、GVCを通じた削減貢献の考え方と重要性について紹介し、後半では、様々な業種・企業による、多種多様な製品・サービス等の削減貢献「見える化」の具体的事例を掲載しています。 2050年を展望した経済界の長期温暖化対策の取組み 企業・団体が、長期の温暖化対策に取り組む姿勢を内外に主体的に示していくことは、ESG投資の促進、ひいては世界の温暖化対策の加速化に資するものと考えられます。 こうした考えの下、経団連は、会員企業・団体に、「長期ビジョン」の策定に向けた検討と情報提供を呼びかけました。多くの企業・団体から、「長期ビジョン」を策定したこと、あるいは策定に向けた検討を行っていくことが表明されています。 (各リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

  • 経団連について|経団連|KeidanrenSDGs

    ​経団連とは 経団連は、日本の代表的な企業1,461社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体109団体、地方別経済団体47団体などから構成されています(いずれも2021年4月1日現在)。 その使命は、総合経済団体として、企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、日本経済の自律的な発展と国民生活の向上に寄与することにあります。 このために、経済界が直面する内外の広範な重要課題について、経済界の意見を取りまとめ、着実かつ迅速な実現を働きかけています。同時に、政治、行政、労働組合、市民を含む幅広い関係者との対話を進めています。 さらに、会員企業に対し「企業行動憲章」 の遵守を働きかけ、企業への信頼の確立に努めるとともに、各国の政府・経済団体ならびに国際機関との対話を通じて、国際的な問題の解決と諸外国との経済関係の緊密化を図っています。 ​連絡先 〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2 (経団連会館) ​ホームぺージ(クリックすると新しいタブで開きます) ​個人情報保護 こちら をご覧ください(クリックすると新しいタブで開きます) ヘッディング 1

  • Society 5.0とは|経団連|KeidanrenSDGs

    What is Society 5.0 Society 5.0とは、 AIやIoT、ロボット、ビッグデータなどの革新技術をあらゆる産業や社会に取り入れることによりする実現する新たな未来社会の姿です。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、人類社会発展の歴史における5番目の新しい社会の姿とも言えるでしょう。 この未来社会では、健康・医療、農業・食料、環境・気候変動、エネルギー、安全・防災、人やジェンダーの平等などの様々な社会的課題の解決とともに、国や人種、年齢、性別を越えて必要な人に、必要なモノ・サービスが、必要なだけ届く快適な暮らしが実現します。 これは決してAIやロボットに支配され、監視される未来ではありません。また、一部の先進国だけが成果を享受する社会でもありません。世界のあらゆるところで実現でき、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができる新たな人間中心の社会です。 Society 5.0 for SDGs 企業行動憲章 Society 5.0に向けて Healthcare in Society 5.0 取り組みの例

  • Society 5.0 for SDGs | 経団連 | KeidanrenSDGs

    Society 5.0 for SDGs ​経団連は、SDGsの達成に向けて、革新技術を最大限活用することにより経済発展と社会的課題の解決の両立するコンセプト「Society 5.0」 を提案します。 ​アイコンをクリック ​メニュー Society 5.0とは 企業行動憲章 Society 5.0に向けて Healthcare in Society 5.0 取り組みの例

  • 資源循環・海洋プラスチック | keidanrensdgs

    資源循環・海洋プラスチック 循環型社会形成自主行動計画 経団連は、1997年以降、循環型社会形成に向けた自主的な取組を計画的に推進しています。現在、45業種の参加を得て、(1)産業廃棄物最終処分量の削減、 (2)資源循環の質の向上を視野にいれた個別業種ごとの目標、(3)業種別プラスチック関連目標、の3本柱を掲げ、毎年度取組み状況についてフォローアップ調査を行い、その結果を公表しています。2021年度からは、産業廃棄物最終処分量の削減に係る「第5次目標」として「2025年度に2000年度実績比75%程度削減」を目指していきます。 循環経済パートナーシップ Japan Partnership for Circular Economy ( 略称:J4CE/ジェイフォース) 注目事例集・WEBサイト 2021年3月、経団連は、環境省、経済産業省と連携し、循環経済への移行を加速させるため、官民連携による「循環経済パートナーシップ」を創設しました。 2021年12月現在、121社・14団体の参加を得て、会員各社・団体による先進的な取組事例をJ4CEウエブサイトに掲載しているほか、とくに注目度の高い事例を「注目事例集」としてとりまとめ、公表しています。 「SDGsに資するプラスチック関連取組事例集」 -プラスチックを巡る未来に「プラス」な TORIKUMI- 日本では、政府・ 地方自治体・事業者・消費者・NPO等との連携の下、先進的な循環型社会が形成されてきていますが、海洋プラスチック問題への国際的な関心が高まるなか、廃棄物の適正処理と3Rの推進に、より一層取り組んでいきます。 経団連では会員企業・団体等を対象に、プラスチック資源循環・海洋プラスチック問題に資する取組みに関するアンケートを実施し、現在の取組みと、今後新たに着手する取組みを「事例集」としてとりまとめました。 (各リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

  • | keidanrensdgs

    ​ はじめに 「SDGsは人類の叡智の結晶である。」 ​ 経団連は、国際社会が掲げた包括的で野心的な目標を、人類が目指すべき社会の姿と考えています。他の選択肢はありません。また後戻りしてはいけません。今、その目標に向かって、着実に前に進まなければ、子どもたちに誇れる持続可能な社会を残すことはできません。まさにSDGs達成に向けた2030年までの行動と連帯は、世界にとって大きな変革をもたらすことでしょう。 SDGsでは、民間企業の創造性とイノベーションの発揮が求められています。その問いに対して、私たち 経団連は「Society 5.0」を提案します。 ​ 「Society 5.0」とは、革新技術を最大限活用することによって、経済発展と社会的課題の解決とが両立した社会 です。AIやIoT、ロボット、ビッグデータなどの最先端技術をあらゆる産業や社会に取り入れることより、様々な社会的課題の解決とともに、国や人種、年齢、性別を越えて、必要な人に、必要なモノ・サービスが、必要なだけ届く快適な暮らしが実現される未来社会です。 ​ これは決してAIやロボットに支配され、監視されるような未来ではありません。また、一部の先進国だけが成果を享受する社会でもありません。世界のあらゆるところで実現でき、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる新たな人間中心の社会です。 私たちは、Society 5.0の実現を通じてSDGsを達成する、 「Society 5.0 for SDGs」こそが、民間企業が果たすべき役割 と考え、2030年に世界で実現 できるよう取り組んでいきます。 ​ このWebサイト・事例集は、そのスタートアップとして、Society 5.0 for SDGsと、それに向けた第1歩となるイノベーションの実例を収集したものです。Society 5.0 for SDGsを実現させるためには、イノベーションのエコシステムやパートナーシップが不可欠であり、 皆さまのさらなるご協力が必要 です。 ​ 是非、このWebサイト・事例集をご覧頂き、Society 5.0 for SDGsに向けて、「このイノベーションは他の社会的課題の解決にも活用できるのではないか」、「私たちとこの企業とがこうした連携をすれば、より様々な課題解決ができるのではないか」など、様々なご提案をお寄せいただきたいと思います。そうしたご提案から新たなイノベーションが創出され、この事例集も次々と更新していきたいと考えています。 ​ 経団連では、皆さまとともに、"Society 5.0"を実現し、"SDGs"を達成していけることを、心から楽しみにしています。 2018年7月 一般社団法人 日本経済団体連合会 経団連はSDGsを支援しています。 次回から表示しない 閉じる

  • | keidanrensdgs

    ​ はじめに 「SDGsは人類の叡智の結晶である。」 ​ 経団連は、国際社会が掲げた包括的で野心的な目標を、人類が目指すべき社会の姿と考えています。他の選択肢はありません。また後戻りしてはいけません。今、その目標に向かって、着実に前に進まなければ、子どもたちに誇れる持続可能な社会を残すことはできません。まさにSDGs達成に向けた2030年までの行動と連帯は、世界にとって大きな変革をもたらすことでしょう。 SDGsでは、民間企業の創造性とイノベーションの発揮が求められています。その問いに対して、私たち 経団連は「Society 5.0」を提案します。 ​ 「Society 5.0」とは、革新技術を最大限活用することによって、経済発展と社会的課題の解決とが両立した社会 です。AIやIoT、ロボット、ビッグデータなどの最先端技術をあらゆる産業や社会に取り入れることより、様々な社会的課題の解決とともに、国や人種、年齢、性別を越えて、必要な人に、必要なモノ・サービスが、必要なだけ届く快適な暮らしが実現される未来社会です。 ​ これは決してAIやロボットに支配され、監視されるような未来ではありません。また、一部の先進国だけが成果を享受する社会でもありません。世界のあらゆるところで実現でき、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる新たな人間中心の社会です。 私たちは、Society 5.0の実現を通じてSDGsを達成する、 「Society 5.0 for SDGs」こそが、民間企業が果たすべき役割 と考え、2030年に世界で実現 できるよう取り組んでいきます。 ​ このWebサイト・事例集は、そのスタートアップとして、Society 5.0 for SDGsと、それに向けた第1歩となるイノベーションの実例を収集したものです。Society 5.0 for SDGsを実現させるためには、イノベーションのエコシステムやパートナーシップが不可欠であり、 皆さまのさらなるご協力が必要 です。 ​ 是非、このWebサイト・事例集をご覧頂き、Society 5.0 for SDGsに向けて、「このイノベーションは他の社会的課題の解決にも活用できるのではないか」、「私たちとこの企業とがこうした連携をすれば、より様々な課題解決ができるのではないか」など、様々なご提案をお寄せいただきたいと思います。そうしたご提案から新たなイノベーションが創出され、この事例集も次々と更新していきたいと考えています。 ​ 経団連では、皆さまとともに、"Society 5.0"を実現し、"SDGs"を達成していけることを、心から楽しみにしています。 2018年7月 一般社団法人 日本経済団体連合会 経団連はSDGsを支援しています。 閉じる

  • Theater 5.0(Society 5.0映像) | keidanrensdgs

    Theater 5.0 (Society 5.0映像) Theater 5.0 思い描く未来の姿を集めたプラットフォーム (リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

  • お問い合わせ|経団連|KeidanrenSDGs

    お問い合わせ メッセージを送信しました 送信

  • 産学連携 | keidanrensdgs

    産学連携 「組織対組織」による産学連携の取組事例集 Society 5.0に向けて、企業と大学は、SDGsの達成や多様なステークホルダーとの価値共創を念頭に、「組織対組織」による包括的な連携を拡大し、人材育成やイノベーションの創出、地域課題の解決等に協働して取り組むことが重要になっています。 そこで、経団連は、2021年8月から10月にかけて全会員企業等を対象に実施した「採用と大学改革への期待に関するアンケート」の一環として、企業と大学との「組織対組織」による教育・研究面などでの産学連携の事例集を作成・公表しています。 (リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

  • | keidanrensdgs

    管理者専用 ​管理者のみがアクセスできます。

  • 働き方改革 | keidanrensdgs

    働き方改革 働き方・休み方改革/ワーク・ライフ・バランス 経団連は、デジタル革新に多様な人々の想像力・創造力をかけ合わせて課題解決・価値創造を図る社会「Society 5.0」を実現するため、働き手と企業双方の意識と実態の変革を促す活動を強力に展開していきます。 ホームページには、働きがいの向上・生産性の向上、労働災害のない快適な職場づくり、仕事と介護の両立支援、副業・兼業の促進など、働き方改革に取り組む企業の先進事例を掲載しています。 Society 5.0時代の働き方事例 最新技術を活用した労災防止対策事例集 Society 5.0時代を切り拓く人材の育成 ~企業と働き手の成長に向けて~ 仕事と介護の両立支援の一層の充実に向けて ~企業における「トモケア」のススメ~ 副業・兼業の促進 ~働き方改革フェーズⅡとエンゲージメント向上を目指して~ (各リンクをクリックすると外部サイトに移動します)

bottom of page