logo_edited.png

世界の教育環境のためのデジタルコネクティビティ

エリクソン・ジャパン(株)

UNICEFのGigaイニシャチブへの支援

Photo

エリクソンの長期的目標は、2018年を基準として2024年までにさらに5億人の加入者にモバイルブロードバンドによるインターネットアクセスを提供することです。2019年以降、エリクソンのモバイルブロードバンドソリューションを通じてインターネットにアクセスする加入者数は約1億8,800万人増加しました。エリクソンはUNICEFとグローバルな3年間のパートナーシップを締結し、2023年末までに35ヶ国における学校の接続性のマッピングの作成を支援します。この共同作業は、2019年にUNICEFがITUとともに立ち上げたGigaの取り組みを支援するものであり、2030年までにすべての学校をインターネットに接続することを目的としています。エリクソンは、最初の戦略的パートナーの一つとして、学校の接続性のデータをリアルタイムで収集、検証、分析、可視化、監視し、財政的支援も提供します。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2019年~2023年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

2023年末までに35ヶ国における学校の接続性のマッピングを作成

​定性的評価・実績例

モバイルブロードバンドの浸透が国内総生産 (GDP) の成長に寄与することが証明されています。エリクソンが以前参加したロンドンのImperial Collegeとの共同研究プロジェクトでは、モバイルブロードバンド普及率が平均10%上昇すると、GDPが0.8%上昇することがわかりました。さらにモバイルブロードバンドの効果は、低所得国と非OECD諸国において、高所得国とOECD諸国と比較してかなり大きく、有意であることもわかっています。

​定量的評価・実績例

エリクソンの目標は、2018年を基準として2024年までにさらに5億人の加入者にモバイルブロードバンドによるインターネットアクセスを提供することです。2019年以降、エリクソンのモバイルブロードバンドソリューションを通じてインターネットにアクセスする加入者数は約1億8,800万人増加しました。

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。