logo_edited.png

エコアイランド宮古島

パナソニック ホールディングス(株)

宮古島における太陽光の主電源化をめざした 電力会社とアグリゲータの協力をサポート

Photo

宮古島市は2050年に電力自給率48.9%をめざしています。それを実現するには2018年当時に22MWだった太陽光発電を2050年までに50倍にしなくてはいけません。宮古島市のアグリゲータである株式会社ネクステムズは、2018年度にフィールド実証として市営住宅40棟202戸にに太陽電池モジュールと蓄エネ用エコキュートを設置。
しかし大量の太陽電池モジュールを設置する場合、太陽光は天候によって出力が変動するので、これを制御する必要があります。日射による変動が多い高位出力帯をパワコンでカットし、どうしても電力が余る時間帯はエコキュートや蓄電池を一台ずつタイミングを調整して、グリッド全体で最適化できるように制御しました。この技術開発にパナソニックは協力しています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2018年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

エコアイランド宮古島宣言2.0の目標を達成するには現在22MWの太陽光発電を2050年までに50倍にする必要がある。太陽光発電は天候によって出力が変動するのでこれを制御する必要があり、グリッド全体で最適化するように制御する技術開発と系統安定化のための定量的な指標等を構築。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。