logo_edited.png

AIによる高精度な自動採点で、グローバル基準の英語レベル判定を実現したAIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS®」

(株)レアジョブ

AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS®」

Photo

「PROGOS®」は、グローバル基準のCEFRに基づく英語レベル判定を、自社開発のAIによる高精度な自動採点で実現した英語スピーキングテストです。オンライン完結・低価格な受験料を可能にしたことで、受験料が高額、受験場所の確保が難しいといった従来のスピーキングテストが抱えていた問題を革新的に解決し、企業研修や大学でも大規模導入するケースが増加しています。2021年8月には、受験のガイドラインからフードバックまですべて英語対応できる仕様にアップデート。海外での利用拡大を加速しており、地理的・経済的な理由で英語スピーキングテストの受験が難しかった途上国などを含め、世界各国の英語教育課題の解決にも寄与していきます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2020年6月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

東アジア ; 東南アジア ;

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・CEFRに基づく定量的な英語スピーキング力測定と可視化による英会話学習の質向上
・英語スピーキング力の定量評価による、採用における人材マッチングの精度向上
・海外留学が困難なコロナ禍における大学生の英語スピーキング力維持向上への貢献

​定量的評価・実績例

「Reimagine Education Award 2020」において日本の団体として初めて学習アセスメントカテゴリーで銀賞を受賞
・「第6回 HR テクノロジー大賞」で「注目スタートアップ賞」を受賞
・ローンチから1年で年間受験者数のべ7万人を突破(2021年6月時点)
・ローンチから1年2カ月で25万回以上の受験申し込みを達成(2021年8月時点)
・累計500以上の大企業、大学での導入実績(2021年8月時点)
・2021年度の受験申込者数が約60万件に到達(2021年10月時点)

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。