logo_edited.png

COVID-19に対する取り組み

塩野義製薬(株)

遺伝子組み換えタンパクワクチンの開発

Photo

遺伝子組換えタンパクワクチンは、ウイルスの遺伝子情報から目的とする抗原タンパクを発現・精製後に、アジュバント(ワクチンの効果を高める物質)を添加して投与されます。遺伝子情報そのものを投与し、体内にて抗原タンパクを合成させるmRNAワクチン等の新規技術と比べて、抗原発現や精製に一定の開発期間を要する一方で、BEVSを活用したインフルエンザ予防ワクチンをはじめ、複数の製品がその効果と安全性を基に承認・実用化されている確立された技術です。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供だが提供時期の目途あり

​開始(予定)時期:

2022年3月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

国立感染症研究所、九州大学(現 京都大学)

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

国内第2/3相臨床試験で安全性、有効性の評価を行います。それと並行して、グローバルで複数の試験実施(実薬対照比較試験、ブースター試験、プラセボ対照試験)を検討しており、最速2021年度内の国内提供開始を目指して、引き続き当局との協議を進めております。

​定性的評価・実績例

コロナウイルスによる感染を予防することにより、COVID-19のパンデミックを早期収束させ、国家の財政状況を回復させることに貢献

​定量的評価・実績例

・2021年8月に新製剤での第1/2相臨床試験を開始しました。現在、全被験者60例への2回目の投与を完了し、中和抗体価の上昇を確認しました。重篤な有害事象や中止に至る有害事象は発現しておりません。
・この試験結果を基に一人当たりの投与量を決定し、国内第2/3相臨床試験を開始しています。

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。