logo_edited.png

「熱硬化性樹脂製品」環境対応車の普及への貢献 次世代モビリティ社会を支える

住友ベークライト(株)

熱硬化性樹脂製品

Photo

走行時のCO2排出量が大きいガソリン車、ディーゼル車から、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCEV)、内燃機関を併用したハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)といった環境対応車への転換が必要です。環境対応車が普及するためには、バッテリーの高性能化、車体の軽量化が必須の条件です。当社グループでは、耐熱性、強度、電気特性に優れた「フェノール樹脂」や「エポキシ樹脂」などの熱硬化性樹脂の特長を生かした、独自の素材開発・加工技術開発による未来の自動車のための金属代替コンセプト「sbDRIVE™」を掲げ、さまざまなソリューションを提供しています。熱硬化性樹脂製品を用いれば、金属部品との置き換えができ、車体の軽量化が可能になります。環境対応車の技術革新・普及が進むことで、地球温暖化・気候変動の抑制に貢献することができます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2018年1月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

フラウンホーファー研究機構など

0

​展開国・地域

.

アジア -全域-,北アフリカ,ヨーロッパ -全域-,北部アメリカ

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・自動車軽量化による走行時のCO2排出量を削減
・環境対応車の普及促進による気候変動の抑制に貢献

​定量的評価・実績例

・一例として、1.1kg/台の軽量化により、0.055%の燃費を改善、走行1kmあたりのCO2排出を0.11cc削減

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。