logo_edited.png

昆布の森再生プロジェクト

シオノギヘルスケア(株)

昆布の森再生プロジェクト

Photo

北海道南部地域に生息する天然ガゴメ昆布の生数が激減していることを踏まえ、我々は養殖の利用を推進することで天然資源の再生を目指します。
養殖ガゴメ昆布は天然より品質が劣り加工用に限定された用途しかありません。本取組みでは、ガゴメ昆布の需要者である弊社が主導となって養殖ガゴメ昆布の品質改善を図り需要促進を行います。
また、道南地域の伝統産業である昆布漁を守ることは地域の活性化に繋がります。
更に、昆布はカーボンニュートラルにおける二酸化炭素の吸収源として注目されており地球温暖化が叫ばれる中、ガゴメ昆布の減少を防ぐことは二酸化炭素排出削減目標達成にも効果が期待できます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供で提供時期も未定

​開始(予定)時期:

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

経済産業省、北海道経産局、北海道大学、北海道立工業技術センター、北海道立総合研究機構、函館水産試験場、函館市役所 北海道漁連えさん漁協椴法華支所

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

・ガゴメ昆布の完全養殖
・天然ガゴメ昆布から養殖ガゴメ昆布への利用転換による天然ガゴメ昆布の保護及び再生
・ガゴメ昆布再生を起点とした北海道南部地域の活性化

​定性的評価・実績例

・昆布漁において体力的負担とされる乾燥工程の集約化検討による、地元の雇用機会創出と漁業者離れの歯止めへの貢献
・養殖ガゴメ昆布の品質改善を目的とした学術機関との共同研究による育苗技術開発、天然ガゴメ昆布保護・再生の啓発活動
・経済産業省・環境省との連携による、海藻等ブルーカーボン生態系におけるJ-クレジット制度の拡充への取り組み

​定量的評価・実績例

・ガゴメ昆布を100%使用した製品での、天然昆布使用率を50%未満へシフト(養殖昆布の利用推進の実現)。

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。