logo_edited.png

美しい山を次世代に―「日本山岳遺産基金」による自然環境保全

(株)インプレスホールディングス/(株)山と溪谷社

日本山岳遺産基金

Photo

「日本山岳遺産基金」は、日本の山々が持つ豊かな自然・文化を次世代に継承していくため、「次世代育成」「山岳環境保全」「安全登山啓発」の3つをテーマに活動しています。日本山岳遺産の認定と活動団体への助成金拠出を通して、登山道整備や植生保護を実施。「日本山岳遺産サミット」の開催や、雑誌『山と溪谷』をはじめ各種媒体への掲載による広報活動を行っています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2010年7月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

公益社団法人日本山岳会、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会、日本勤労者山岳連盟ほか

​展開国・地域

.

東アジア

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

東北の高校生の富士登山支援、安全登山啓発冊子『山岳遭難ピンチカード』配布

​定量的評価・実績例

日本山岳遺産としての認定39地域/団体、「日本山岳遺産サミット」10回(年1回)開催(環境省表彰)、法人賛助会員9社

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。