logo_edited.png

「住み続けたい」を支える離島・へき地医療サポートモデルの構築

日本アイ・ビー・エム(株)

「住み続けたい」を支える離島・へき地医療サポートモデルの構築

Photo

可能な限り長く住み慣れた土地で暮らしたいと希望しつつも、医療ニーズが満たされないために移住を余儀なくされるケースが多発しています。特に二次離島の住民は、通常の医療サービスからも取り残されてしまう可能性があります。この課題解決のために長崎県五島市をフィールドとして、オンライン診療・服薬指導および院外調剤の促進、ドローンを活用した無薬局地域への薬の配送および迅速な検査実施、在庫情報の共有化による医薬品廃棄コストの削減、等の施策を組み合わせた「へき地医療トータルサポートモデル」を開発しています。このモデルを同様の問題を抱える国内外の地域に横展開することにより社会貢献が可能と考え検討・検証を行っています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

長崎大学、五島市

ドローン

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

二次離島における医療サービスの安定供給及び均てん化への貢献

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。