logo_edited.png

日中サービス支援型障がい者グループホーム開発・運営ファンドの組成

昭和リース(株)

日中サービス支援型障がい者グループホーム開発・運営ファンドの組成

Photo

 昭和リースは共同出資者とともに、日中サービス支援型障がい者グループホームの開発・運用を目的として設立した合同会社GHプロパティに対して、匿名組合出資を実行しました。
 障がい者グループホームファンドの組成により、オペレーターの物件や資金需要と投資家や金融機関の資金や金融機能を結び付けることで、障がい者グループホーム事業への投融資の拡大、ひいては不足している障がい者グループホーム施設数の増加、拡充に繋がることが期待されます。
 昭和リースは障がい者の自立や地域社会での共生と優良なオペレーターの支援を両立させることを目指しています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供だが提供時期の目途あり

​開始(予定)時期:

2022年10月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

・新生銀行⇒同行サステナブルインパクト評価室で本匿名組合出資について「ソーシャルローン原則」への適合性を評価 ・ユニ・アジアインベストメント株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 岩渕 昌浩)⇒共同匿名組合出資者 ・日本アジア投資株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 下村 哲朗)⇒共同匿名組合出資者 ・ソーシャルインクルー株式会社(東京都品川区、代表取締役社長 三浦 恭平)⇒オペレーター

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

本ファンドにより少なくとも計5棟のグループホームを開発・運用する計画

​定性的評価・実績例

障がい者が地域の中で安心して暮らせる住まいの供給は不足しており、地域に根差し「住まい」に特化したグループホームの供給の増加を目指している。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。