logo_edited.png

廃棄物処理・焼却発電事業

伊藤忠商事(株)

ドバイ/廃棄物処理・焼却発電事業案件

Photo

ドバイ首長国初、そして世界最大級となる廃棄物処理発電施設に関し、同首長国における廃棄物行政の所管官庁であるドバイ都市行政庁から建設・運営・移転(BOT)方式のコンセッション契約として2020年12月に請け負いました。一般廃棄物を年間約1,900,000トン処理する他、焼却時に発生する熱を利用し発電を行います。発電容量は約200メガワットであり、化石燃料に頼ることのない電力供給が可能です。また、廃棄物焼却後に残る焼却灰からは金属資源を回収しリサイクルする予定です。
ドバイ首長国の重要政策である「ドバイ・クリーンエネルギー戦略2050」に基づき、ドバイ都市行政庁は廃棄物の埋立処分量削減、持続可能な環境に配慮した廃棄物管理及び代替エネルギーの開発促進といった政策目標を設定しており、本事業の実現はそれらの目標達成に寄与するものです。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供だが提供時期の目途あり

​開始(予定)時期:

2024年7月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

日立造船イノバ社、DUBAL Holding社、Dubai Holding社、BESIX社、およびTech Group社

0

​展開国・地域

.

西アジア

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

ドバイ首長国の重要政策である「ドバイ・クリーンエネルギー戦略2050」に基づき、ドバイ都市行政庁は廃棄物の埋立処分量削減、持続可能な環境に配慮した廃棄物管理及び代替エネルギーの開発促進といった政策目標を設定しており、本事業の実現はそれらの目標達成に加え、国連の定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にも資するものです。

​定量的評価・実績例

一般廃棄物を年間約190万トン処理する他、焼却時に発生する熱を利用し発電を行います(発電容量は約200メガワット)。

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。