logo_edited.png

脱炭素社会に向けた軸受による機械の省エネへの貢献

NTN(株)

エネルギーロスを低減するベアリングをはじめとした低トルク商品

Photo

自動車分野において、業界シェアNo.1を誇るハブベアリングは、フリクションを当社従来品比60%低減した「低フリクションハブベアリングⅢ」を市場展開しています。そのほか、フリクションが従来品比80%低減したトランスミッション向け「超低フリクションシール付玉軸受」も量産対応しています。さらに、当社従来品重量比29%低減した「サブアクスル・リア用小型軽量等速ジョイント」を開発し、小型・軽量化を進めています。
産業機械分野では、フリクションが従来品比50%低減したロボット関節向け「サーボモータ用低発塵軸受」を量産対応しています。
これらの商品のさらなる高効率化、小型・軽量化を進めることにより、産業界全体の省エネルギー化に貢献します。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

1998年4月~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

あらゆる産業の低トルク化によるエネルギーロスの低減に貢献

​定量的評価・実績例

主要商品であるドライブシャフトとハブベアリングおよび自然エネルギー商品により132万トン/年のCO2削減に貢献 ※一般社団法人 日本自動車部品工業会 JAPIA LCI算出ガイドライン(使用段階LCI算出ツール)により算出

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。