logo_edited.png

すべての人に移動の自由を

トヨタ自動車(株)

リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」、トヨタヒューマノイドロボット「T-HR3」

Photo

トヨタは産業用ロボットの技術を応用し「すべての人に移動の自由を、そして自らできる喜びを」をコンセプトに「パートナーロボット」の研究に取り組んできました。メディカルケア領域では、歩行困難な方に「歩く」という根源的な移動の機会を提供するために、2007年末から藤田医科大学と共同でリハビリテーション支援ロボットの開発。2017年にはトヨタで初めて医療機器承認を取得した「ウェルウォークWW-1000」のレンタルを開始。2019年11月には「ウェルウォークWW-2000」を販売開始しました。また先端研究として、遠隔操作によるバーチャルな移動の研究にも取り組んでいます。トヨタヒューマノイドロボット「T-HR3」は、ロボットが外から受けた力を遠隔地の操縦者と共有することで、操縦者の分身のように同じ動きができることを特徴としています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2019年~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・医療従事者のリハビリ作業の効率と負担軽減
・患者様のリハビリ意欲を高めて、早期社会復帰につなげる

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。