logo_edited.png

高炉操業の安定化による革新的な生産性向上

JFEスチール(株)

高炉CPS(サイバーフィジカルシステム)

Photo

高炉は鉄鉱石に含まれる酸素を除去し鉄を取り出す設備で、製造コストやCO2排出量を削減するためには、安定的かつ高効率に操業することが非常に重要です。そこで、国内に保有する全高炉8基にCPS(サイバーフィジカルシステム)を導入しました。CPSとは、実際の製造プロセスから収集したセンサ情報や製造情報をAIで解析して、独自の手法を用いてデジタル空間に高度な仮想プロセスを再現し、この2つをリアルタイムにつなぐ技術のことです。この再現された仮想プロセスにより、炉況の把握や異常予兆検知を行うことが可能となり、操業の安定化を通じて生産性の格段の向上を図ることができます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2019年~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・重大トラブルの起因となりうる異常の予兆を検知可能。
・安定操業において重要な高炉炉内の熱の状態を8~12時間先まで予測可能。
・最適なトラブル防止アクションをオペレーターにガイダンス可能。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。