logo_edited.png

海運の脱炭素化に向けた舶用エンジンの製造

(株)三井E&Sホールディングス

LPG焚き低速ガス燃料機関「6G60ME-C10.5-LGIP-EGRBP」

Photo

脱炭素の機運が高まる中、国際海運の世界でも温室効果ガス(GHG)の削減は喫緊の課題です。三井E&Sマシナリーは、国内の舶用大形エンジン製造のトップメーカーとして、従来の重油に代わり、GHGであるCO2の排出を削減する液化天然ガス(LNG)やメタノール、エタンといった新燃料に対応したエンジンを製造してきました。今回、やはりCO2削減に寄与する液化石油ガス(LPG)を燃料とした舶用エンジンを受注しました。このエンジンの燃料噴射技術は、CO2を排出しない次世代燃料として期待されるアンモニアへの活用が期待されています。これからも三井E&Sマシナリーは、環境にやさしく経済性にも優れた船舶用エンジンをお客様に提供していくことで、脱炭素社会に貢献していきます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供だが提供時期の目途あり

​開始(予定)時期:

2023年頃

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

国際海運の脱炭素化に貢献

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。