logo_edited.png

森林保全、循環型・脱炭素社会に向けて 木造・木質化建築

(株)大林組

高層純木造耐火建築物「OYプロジェクト」、森林と共に生きる街「LOOP50」構想

Photo

大林組は、「伐って、使って、植えて、育てる」森林資源の循環利用を適切に行い、持続可能性と魅力ある暮らしを両立する循環型社会「森林と共に生きる街「LOOP50」」を構想しています。
現在、主要構造部を全て木材とした日本初の高層純木造耐火建築物「OYプロジェクト」を横浜市で建設しています(2022年3月竣工予定)。地上11階建ての次世代型研修施設で、一部の柱に世界で初めて3時間耐火木造技術「オメガウッド(耐火)」を用いています。
また、埼玉県飯能市等で循環型森林利用の取り組みも行っています。
大林組は、木造・木質化建築への取り組みを通じて、持続可能な社会の実現をめざします。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2016年3月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

飯能市循環型森林利用:飯能市(2021年6月1日、「飯能市と株式会社大林組との循環型森林利用に関する基本協定」を締結)

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

大林組のESGマテリアリティ「環境に配慮した社会の形成」、アクションプラン「脱炭素の推進」「循環型社会の実現への貢献」

​定性的評価・実績例

木材利用による循環型社会、脱炭素社会、カーボンニュートラル社会への貢献

​定量的評価・実績例

「OYプロジェクト」では、躯体および内装材として使用する約1,950m³の木材が、約1,330tのCO₂を固定します。純木造とすることで、建設時における温室効果ガス排出量は、鉄骨造に比べて約1,700t-CO₂(※)、RC造に比べて約6,000t-CO₂(※)を削減することができます。
※ LEED認証におけるOneClick LCAでの試算

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。