logo_edited.png

ランフラットテクノロジーを用いたパンク対応ソリューションの提供

(株)ブリヂストン

ランフラットテクノロジー

Photo

タイヤの空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定距離の走行を可能にするランフラットテクノロジーを用いて、お客様の安心・安全な移動を支えます。急なパンクでも安全な場所まで移動でき、また路上でのタイヤ交換による二次災害を回避できます。さらに、スペアタイヤも不要なため、車両の軽量化や省資源化などにも貢献すると共に、トランクスペースの拡大や電気自動車のバッテリースペース確保によるクルマのデザインの自由度が増すなどクルマの機能向上にも貢献します。ブリヂストンでは1987年よりランフラットテクノロジー採用タイヤの提供を開始しましたが、安全性と乗り心地の向上のために技術改善を重ね、2000年以降に本格的な普及が始まりました。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

1987年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・パンクした際に安全な場所までの移動可能や、路上でタイヤ交換作業の削減により、事故の未然防止に貢献
・スペアタイヤ削減により、省資源化に寄与
・スペアタイヤ削減に伴う車両軽量化により、燃費向上に貢献

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。