logo_edited.png

自然環境の保全と地域防災に向けて グリーンインフラ整備

(株)大林組

大林組のグリーンインフラ技術

Photo

グリーンインフラとは、自然環境が有する機能を社会の様々な課題解決に活用する考え方です。例えば、植栽地の計画では、CO₂吸収による地球温暖化の緩和、生物多様性の保全、地域固有種の保全、ヒートアイランド現象の緩和などのほか、雨水涵養による雨水流出抑制への効果など、自然環境の機能を防災・減災へ活かす取り組みを行っています。
一例として、生物誘致環境評価システム「いきものナビ®」、湿潤舗装システム「打ち水ペーブ」、「蛇篭遮水壁」による敷地内での雨水貯留など、保有する様々なグリーンインフラ技術を適切に組み合わせ、敷地計画を行います。
大林組は、グリーンインフラ技術を通じて、自然共生社会へ貢献していきます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2021年2月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

⼤林組のESGマテリアリティ「環境に配慮した社会の形成」、アクションプラン「脱炭素の推進」

​定性的評価・実績例

生物多様性の保全、自然共生社会、防災・減災への貢献

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。