logo_edited.png

防災情報システムを活用したインドネシアでの森林保全事業

兼松(株)

洪水シミュレータDioVISTA/Floodを活用したREDD+事業

Photo

兼松は、2011年から途上国の持続可能な森林経営を推進するための国際的な取組み(REDD+(※))として、インドネシア・ゴロンタロ州で森林保全プロジェクトを実施しています。現地有力財閥のゴーベル・グループと共に、ゴロンタロ州の農家によるカカオ栽培の普及を支援し貧困農家の生計改善を実現すると共に、森林伐採の要因であるトウモロコシ栽培の焼き畑を抑制しています。当社が本事業を通じてインドネシアに豊富にある熱帯雨林を保全することは、日本のパリ協定へのとして温室効果ガス(GHG)の排出削減を実現する活動でもあります。また近年では、日立パワーソリューションズによる洪水シミュレータDioVista/Flood を活用した防災情報システムの構築することで、人的被害等の災害発生影響の最小限化を目指しています。 (※)Reducing Emission from Deforestation and Forest Degradation in developing countries

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2018年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

(株)日立パワーソリューションズ、ゴーベル・グループ

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

森林保全による貧困農家の生計改善とGHG排出削減

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。