logo_edited.png

環境性能と運動性能を両立する革新的なタイヤ技術「ENLITEN」

(株)ブリヂストン

ENLITEN(エンライトン)技術

Photo

「ENLITEN」は、運動性能とタイヤライフを維持しながら、タイヤに使用する部材重量を削減することで、従来の乗用車用タイヤに比べ、約20%の軽量化、転がり抵抗の約30%低減*1を可能にする技術です。転がり抵抗の低減によって、ガソリン車の走行時にタイヤ起因によるCO2排出量を約30%削減し、電気自動車の1回の充電で走行できる距離(航続距離)を延ばすことを通じて、環境負荷を低減しモビリティ社会に貢献します。さらに、使用部材重量の削減によって資源生産性向上への貢献が可能となります。
*1 : タイヤサイズ225/40R18にて比較

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2019年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・転がり抵抗の低減により、電気自動車の1回の充電で走行できる距離(航続距離)を延ばすことを通じて環境負荷を低減しモビリティ社会に貢献
・タイヤの大幅な軽量化と、転がり抵抗低減により省資源化や環境負荷低減に貢献

​定量的評価・実績例

・転がり抵抗の低減によって、ガソリン車の走行時にタイヤ起因によるCO2排出量を約30%削減 
 ※タイヤサイズ225/40R18にて比較
・LCAでのCO2排出削減量を約23.5%削減  
 ※前提条件:ENLITEN技術搭載無しのTURANZA T005とENLITEN技術搭載のTURANZA ECO ENLITENを比較。タイヤサイズ205/55R16。JATMA式で算出。

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。