logo_edited.png

ドローンステーション構築

(株)センシンロボティクス

ドローンステーション構築

Photo

ENEOSは近い将来ドローンが飛躍的に活躍する社会を見据え、あらゆるドローンの離発着および太陽光などの環境配慮型エネルギー供給の拠点としてのドローンステーション構想を描いています。その実現に向け、ENEOSとセンシンロボティクスは本協業において、センシンロボティクスが提供する完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN Drone Hub」の活用について実行計画を策定し、2023年を目途に設備開発・実証を行ってまいります。また、同時にドローンを活用した設備点検、災害対策、警備・監視に関する新たなソリューションの開発にも取り組みます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供だが提供時期の目途あり

​開始(予定)時期:

2023年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

ENEOSホールディングス株式会社

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

ドローンと空飛ぶクルマが離発着できるエアモビリティステーションを構築し、エネルギー供給やメンテナンスなどを行うと共に、ステーションを起点に点検・警備・災害対応といった様々なドローンサービスの提供を行うことで「ドローンや空飛ぶクルマが当たり前に街中を飛行し、人々の生活を豊かにする世界」の実現を目指します。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。