logo_edited.png

植林地の単位面積当たりのバイオマス生産量を増やす林業技術

日本製紙(株)

独自の林業技術

Photo

日本製紙㈱は、持続可能な木質資源の調達を推進する一環として、約30年にわたり海外植林事業を行っています。ブラジル北部アマパ州で展開する植林・チップ事業会社のAMCEL社では、熱帯地域で成長が早く、製紙原料に適したユーカリ植林木の開発に継続して取り組んでいます。ゲノム情報を利用したビッグデータ解析によって成長に優れた個体を見出す選抜育種や、当社独自の挿し木技術を活用した苗木の増殖により、植林地の生産性が大きく向上する林業技術を開発しました。こうした最新技術を駆使し、海外植林地の単位面積当たりの炭素固定効率を2030年までに2013年比30%向上させる目標の達成を図り、カーボンニュートラルな社会の実現に貢献します。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2017年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・炭素固定効率向上により気候変動問題解決に貢献

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。