logo_edited.png

バイオベンチャーに対する事業価値証券化取引の組成

三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株)

企業の事業価値を裏付けとする資金調達手法「事業価値証券化」

Photo

「事業価値証券化」は、企業が持つ工場や設備等の有形資産、知的財産等の無形資産の価値を最大限生かした資金調達手法です。脱石油・脱アニマルのニーズに大きな役割を果たす可能性を秘めた次世代素材「Brewed Protein™」を開発するSpiber株式会社に対して、同社が保有する先進的な研究開発設備やタイ国の量産プラントに加え、同社の根源的資産かつ競争力の源泉となる知的財産等を活用し、総額400億円の資金調達を実現しました。この調達資金により、事業化に向けた米国量産プラントの製造を実現して、この次世代素材を世界に普及させる事により、環境負荷の低減に貢献する事ができます。また、この資金調達手法を活用する事で、今後SDGsに貢献しうるスタートアップ企業の資金調達を支援し、事業化の実現を通じ、SDGsの目標達成に貢献する事にも繋がります。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2020年 12月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

SDGsに貢献しうる企業の大型資金調達を実現

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。