logo_edited.png

カツオ標識放流調査によるカツオ資源量管理への貢献

味の素(株)

カツオ標識放流調査

Photo

味の素(株)では、主力製品である風味調味料「ほんだし®」の原料としてカツオを利用する立場から、資源の保全と持続可能な利用のために果たすべき役割があると考え、2009年より日本の国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産資源研究所と共同でカツオの標識放流調査に取り組んでいます。近年、日本の近海・沿岸でのカツオ不漁が顕著になり、カツオ漁業は苦境に立たされています。日本の食文化を支えるカツオ漁業と地域の持続的な発展に貢献するため、調査活動で得られたカツオの生態に関する知見は、カツオ漁業関係者に積極的に共有するとともに、より正確な資源管理や国際資源管理ルールの構築にも役立てられています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2009年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産資源研究所

​展開国・地域

.

東アジア

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

・資源量の科学的な把握による持続可能なカツオ資源の管理と漁獲に貢献

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。