logo_edited.png

リース契約の電子化推進

三井住友ファイナンス&リース(株)

SECOND+電子契約

Photo

小口リース業界初の「リース契約電子化システム」となり、主に日本の中小企業、中堅企業とのリース契約締結に際して契約を電子化しています。また、既存サービスである「SECONDシステム」と連携することで、審査申込から契約手続きまでを一気通貫でデジタル化。リモートワークにも対応した仕組みとなっています。サプライヤーと言われる「メーカーまたは販売会社」が審査申込から契約手続きまでを利用。契約手続きおよび契約締結に至ってはリース契約先である顧客が利用することになります。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2021年1月~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

SMBCクラウドサイン株式会社

居場所に限定されることなく、リモート環境での契約手続きを可能にした

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

現物管理が必要な紙のリース契約書を使用しているが為に、顧客、サプライヤー、弊社のリモートワーク阻害要因となっていた。紙の契約書と印鑑をなくすことで、リモートワークを可能にし、契約書の不備、郵送コスト等の削減。また、遠方の取引先との手続き時間短縮等の効果が出ています。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。