logo_edited.png

中学・高校生に届ける金融経済教育

三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株)

教室で体験するインターンシップ『株の力』

Photo

2014年より実施しており、これまでに受講した中学生・高校生は、延べ約80校、5,000人を超えます。このプログラムに参加する生徒たちは、当社のインターンとして課題に取り組みます。授業はグループワーク形式の全5回で、「株」の仕組みや機能について、クイズやゲームなどのアクティビティに取り組みながら体験的に学び、その成果を株の力を伝える新聞広告として表現します。
また、優秀チームは本社に招かれ、会長・社長を始めとする当社役員の前でプレゼンテーションを行います。参加した役員は、経営者の視点から株式投資の意義やプレゼンテーションに対するコメントを行い、次世代を担う学生に熱いメッセージを送っています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2014年 10月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

株式会社 教育と探求社

​展開国・地域

.

東アジア

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

授業前に生徒は、株式に対して「ギャンブル」「リスクの大きなもの」「お金儲け」といったイメージを持っていることが多いが、授業後のアンケートでは「株は未来を創る仕組みである」「リスクもあるが社会になくてはならない機能である」など、株の本質的な力を理解できるようになる。また、「株への興味がわいた」「新聞などの情報に積極的に触れるようにしたい」「起業してみたくなった」という回答も見られるなど、「株式」や「金融」に対するイメージの変革が起こり、金融リテラシーの向上に寄与しているものと思料する。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。