logo_edited.png

再生可能エネルギー分野におけるキャピタル・リサイクリングモデルの進展

(株)大和証券グループ本社

太陽光私募コアファンドの組成

Photo

 2018年に設立した大和エナジー・インフラは、再生可能エネルギー分野などにおける投資残高を拡大しつつ、ポートフォリオのファンド化を通じた外部資本導入により、資本を有効活用したキャピタル・リサイクリングモデル(循環的拡大)を進めています。
 2021年9月には、同じくグループ会社である大和リアル・エステート・アセット・マネジメントのインフラアセット・マネジメント機能を活用し、稼働実績のある太陽光発電事業を投資対象とした730億円規模の「太陽光私募コアファンド」を新たに組成しました。
 これらの取組みは、オルタナティブ資産に対する投資家の運用ニーズに応えていくと共に、クリーンで持続可能なエネルギー供給といった課題の解決に貢献することができます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2018年10月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

SDGs関連ビジネス投資残高 1500億円以上(2023年度達成目標)

​定性的評価・実績例

再生可能エネルギーの普及への貢献

​定量的評価・実績例

開発・投資を行った発電所の年間想定発電電力量は以下の通り
 -太陽光発電所:約60,000世帯分に相当
 -バイオマス発電所:約25,000世帯分に相当

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。