logo_edited.png

クラウド型業務システム「とくマネ」で特定技能申請書作成から支援実施業務まで一貫支援

(株)Next Innovation

クラウド型業務システム「とくマネ」

Photo

日本の労働力確保のために、2019年4月より新たに施行された在留資格「特定技能」。申請書類作成業務が煩雑であることや、登録支援機関によってその支援実施義務項目の実施度や精度が異なる等、様々な課題が挙げられる中、申請書作成業務から支援実施業務までワンストップでサポートするクラウド型業務システム「とくマネ」を2021年6月にリリースしました。特定技能外国人の受入機関や受入機関をサポートする登録支援機関の業務負荷を軽減し、外国人労働者へ高品質且つ手厚い支援実施を実現することにより、日本の生産人口減を背景に外国人労働者の受入れ促進とダイバーシティ&インクルージョンを推進します。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2021年6月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

在留資格申請手続きのデジタル化推進

​パートナー

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

"日本の労働力確保を目的としたダイバーシティー&インクルージョン促進
"

​定量的評価・実績例

外国人労働者紹介実績:200社以上、登録支援機関としての受託実績:60社以上、対応言語:16ヶ国語

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。