logo_edited.png

カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーに向けた環境配慮設計の推進

三井化学(株)

化学物質マネジメント戦略とBlue Value®

Photo

原料利用や製品の安全性を考慮したモノづくりに向け、化学物質管理を製品開発ゲートに連動させてきました。2010年より、プロダクトシチュワードシップの考え方を浸透すべく「化学物質マネジメント戦略」を策定し、2014年より、安全性と環境へ配慮したモノづくりを強化する目的で、化学物質管理を基盤とした「Blue Value®認定制度」を開始しました。ライフサイクルアセスメント手法をベースに「CO2を減らす」「資源を守る」「自然と共生する」の3つの貢献価値を評価・認定するもので、‟環境と調和した循環型社会の実現”を目指し、今後も環境配慮設計を進めBlue Value®認定製品・サービスを拡大していきます

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2014年

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

環境系大学・社会課題解決系コンサルティング会社など

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

Blue Value製品として売上収益比率:40%(2030年)

​定性的評価・実績例

「CO2を減らす」「資源を守る」「自然と共生する」への貢献

​定量的評価・実績例

BV製品売上収益比率:約15%(FY2020)

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。