logo_edited.png

Society5.0を支える半導体の製造プロセスにおける温室効果ガス排出抑制

(株)荏原製作所

半導体製造プロセスにおける排ガスの無害化

Photo

荏原グループが2030年にありたい姿E-Vision2030のマテリアリティの一つ「持続可能な社会づくりへの貢献」の達成へのアプローチとして、半導体製造プロセスにおいて発生する温室効果ガス処理量の拡大に取り組んでいます。IoT、クラウド、AI、自動運転、5GなどSociety5.0に欠かせない技術を支える半導体は、その製造プロセスにおいて地球温暖化係数が極めて大きく、人体に有害で可燃性のあるガスを排出します。その排出抑制は半導体業界の共通課題です。荏原はガスの分解、無毒化、安全な処理、無臭化に優れた排ガス処理装置を提供し、Society5.0が実現する社会の礎である半導体工場の作業者や周辺地域の安全と環境対策までを含む持続可能な社会づくりを目指しています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2019年11月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

Society5.0の技術に欠かせない半導体製造プロセスの環境負荷低減

​展開国・地域

.

西ヨーロッパ

今後の目標/KPI等

2030年にCO2約1億トン相当の温室効果ガスを削減する。

​定性的評価・実績例

半導体製造プロセスで発生するガスを無害化することによって、GHG排出の削減に貢献

​定量的評価・実績例

排ガス処理装置使用による温室効果ガス排出の削減
2022目標:100%
2020実績: 40%

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。