logo_edited.png

BNPパリバ、アマゾンおよびセラード地域の森林破壊に立ち向かうための制約方針を明確化

BNPパリバ銀行

「森林破壊ゼロ」の実現に向けて

Photo

BNPパリバはお客さまが森林破壊防止やトレーサビリティ確保を加速するための方針を強化し、制約基準を明確にしています。この方針は、アマゾンおよびセラード地域での牛肉や大豆の生産に関わっている会社(生産者、加工業者や流通業者)に対して金融サービスを提供する際の条件を定めています。
特に:
・BNPパリバは、アマゾンで2008年以降に開拓または農地に転換された土地での牛肉や大豆の生産または購入に携わっているお客さまに資金提供を行いません。お客さまは、規制や業界協定に従ってアマゾンで2008年に設定されたこの基準日を適用しなければいけません。
・BNPパリバは、世界基準に従ってセラードで2020年1月1日以降に開拓又は農地に転換された土地での牛肉または大豆の生産または購入に携わらないようお客さまに働きかけます。
・BNPパリバはすべてのお客さまに対して、2025年までに牛肉および大豆の流通ルートのトレーサビリティ体制の確立を求めていきます。
さらにBNPパリバは、関わりのある全ての畜産農家にFARMS Initiative(ファームス・イニシアティブ)のResponsible Minimum Standards(責任ある最低基準)を参考にした動物福祉を尊重した体制を取り入れることを働きかけます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2021年2月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

アマゾンおよびセラード地域における「森林破壊ゼロ」の実現

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。