logo_edited.png

連携制御の技術開発・普及によるグローバルにおけるCO2排出量削減

アズビル(株)

連携制御プロジェクト

Photo

連携制御は、電子情報技術産業協会(JEITA)の制御・エネルギー管理専門委員会 WG1(省エネルギー)によってまとめられた工場、事業所全体、スマートシティレベルでのエネルギー削減に資することを目的とした制御コンセプトです。
連携制御は、個々の機器の運用を連携させることで全体のエネルギ―効率を最大化し、全体のエネルギー使用を削減させます。
アズビルは、従来よりプロセスプラントや地域冷暖房の最適化・高度制御に取り組んできましたが、その経験に基づき、日本政府が進める二国間クレジット制度の実証事業において、連携制御の有効性を実証しました。VPP・DRとの連携によるCO2削減も大きなテーマとして取組んでいます。今後、連携制御の技術拡充を進め適用アプリケーションの幅をさらに広げ、その実装を通して導入先の省エネルギーによる生産性改善とより一層のCO2排出量削減に貢献していきます。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

1990年代から

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

ネットゼロに向かうトランジション技術

​パートナー

​展開国・地域

.

東アジア,東南アジア

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

エネルギー供給プラントの運用最適化によるCO2削減

​定量的評価・実績例

動力プラントでの運用最適化により4万トン/年の実績もある

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。