logo_edited.png

有害化学物質フリー接着技術

帝人フロンティア(株)

有害化学物質フリー接着技術

Photo

タイヤやベルト、ホースなどに代表されるゴム製品には、ゴム単独では達成できない形態安定性、剛性、強度、耐摩耗性、耐疲労性などを付与することを目的として、様々な補強繊維が使用されています。一般的には、ゴム中に埋設もしくは混練分散して用いられることが多く、補強繊維とマトリックスゴムの接着は製品として欠かせない機能であり、接着の良否が繊維/マトリックスゴム複合材料の性能に影響します。
用途により、接着性に加えて収束性要求に応じて、接着剤を繊維間に含浸させやすい溶剤系接着剤が適用されています。しかし一方で、溶剤使用は、環境への負荷が高いため、当社は、新しく溶剤を代替する水系接着剤を開発し、その普及を目指しています。
また一方で、水系接着剤として、いわゆるRFL(R:レゾルシノール、F:ホルマリン、L:ゴムラテックス)接着剤が用いられています。主にタイヤやベルト、ホースを補強するポリエステル、ポリアミド、アラミド繊維等に広く使用されています。しかし、ホルマリン(F)は発がん性、レゾルシノール(R)は皮膚刺激性など、その有害性から使用量や取り扱いに関して、欧州や日本では様々な法規制の対象となっています。この状況を鑑み、当社では、RFを含まないRFフリー接着剤を新たに開発しています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2019年~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

東アジア

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

有害化学物質の使用削減

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。