logo_edited.png

当社のドラレコデータをAIが分析し、広域な路面状態をクラウド上で一元管理することで、道路の点検・管理業務を効率化するサービス

三井住友海上火災保険(株)

~官民連携DXで道路点検をサポート~ ドラレコ・ロードマネージャー

Photo

・当社のドライブレコーダーからデータを収集しAI分析を行うことで、道路の損傷個所を自動的に検出します。民間企業様の営業車両や自治体様の公用車など、様々な車両に設置されたドラレコデータを連携することによって、広域な路面状態の自動的な把握が可能です。
・AIが検出した損傷個所はマップ上で「見える化」され、クラウド上で一元管理することができます。従来のような点検走行や目視確認を行うことなく、路面状態の迅速な把握や道路点検・管理業務の効率化が可能になります。
・本サービスは、AI画像分析技術を持つ(株)アーバンエックステクノロジーズ社と共に開発。昨年より品川区、尼崎市等12の自治体にて実証実験を行い、道路損傷箇所の検知精度に対し高い評価を得ています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

未提供だが提供時期の目途あり

​開始(予定)時期:

2021年12月~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

株式会社アーバンエックステクノロジーズ

0

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

① 道路管理業務の工数・コスト削減
・道路損傷箇所の管理業務(地図への書き込み、写真撮影等)の負荷を削減
・市民通報を受けた際の現場確認稼働を削減
・修繕したい損傷箇所を、委託先事業者へ簡単に連携
・目視点検の一部を自動化することにより、パトロール稼働を削減
② 道路品質向上保全業務の最適化
・過去の修繕実績に基づき路線評価ができるため、最適な修繕計画立案が可能
・道路損傷に関する市民通報を受けられた際、ダッシュボード上のマップと写真を見ながら対応できるため場所の特定が容易に
・各自治体が求める点検水準に合わせて損傷判定の閾値を設定できるため、修繕の判断基準を統一しやすくなり道路品質の均一化が可能

​定量的評価・実績例

①日常点検の稼働削減:約50%削減
②道路補修事業者への修繕依頼の稼働削減:約70%削減
③緊急出動の稼働削減:約40%削減

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。