logo_edited.png

樹脂循環プロジェクトの推進による再生樹脂活用の拡大

パナソニック(株)

樹脂循環プロジェクトの推進

Photo

家電リサイクル法が施行されて以降、回収された廃家電から鉄や銅、アルミなどの金属をはじめ、さまざまな資源が有効に活用されています。
具体的には、「商品から商品へ」として、廃家電から回収、選別された樹脂リサイクル素材について、樹脂循環プロジェクトを立ち上げ、徹底した洗浄や、劣化を防止するための調質リペレット技術、再生樹脂を有効活用できる新工法などの開発により、社内のさまざまな製品への利用拡大に取り組み、アプライアンス社として、循環型モノづくりを推進しています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2011年10月

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

0

​パートナー

​展開国・地域

.

今後の目標/KPI等

・意図的な再生樹脂の利用量 8千トン/年以上

​定性的評価・実績例

樹脂循環プロジェクトによる、再生樹脂活用の拡大取り組みにより、2012年2月にリサイクル素材を使い環境に配慮した「資源循環商品」シリーズを発売すると共に、更なる適用商品の拡大に向け取り組んでいます。

​定量的評価・実績例

意図的な再生樹脂の利用量
実績:2016年度 10,462トン、2017年度 8,811トン

​URL(詳細)

.

​ブラウザ上からページを閉じて下さい。