logo_edited.png

責任あるサプライチェーンマネージメント

エリクソン・ジャパン(株)

『1.5℃に沿った独自の気候目標設定』プロジェクト

Photo

企業は今日、持続可能性と責任あるビジネス慣行をサプライヤーを含むバリューチェーン全体に統合することが期待されています。これには、気候変動対策、企業倫理、人権・労働権、安全衛生が含まれますが、これらに限定されるものではありません。さらに、地球温暖化防止目標を達成するためには、セクターやバリューチェーンを超えた密接な連携が不可欠です。企業は、サプライチェーンにおける排出を含め、自らの活動に直接起因しない排出に取り組むために協力しなければなりません。

エリクソンのサプライヤーが社会的、倫理的、環境に与える影響を管理することは、当社のバリューチェーンアプローチの一部となっています。エリクソンのビジネスパートナー向け行動規範は、エリクソンの責任ある調達プログラムの基礎であり、標準的なサプライヤー契約の一部となっています。エリクソンは、グローバルサプライチェーンにおける気候変動対策を推進する「1.5℃サプライチェーンリーダーズ」の創設社の一社です。当社は、高排出量管理の為の自社目標を掲げると共に、戦略的サプライヤーにも、1.5℃に沿った独自の気候目標を設定してもらうことを目標に掲げています。

関連するSDGs目標・ターゲット

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​提供状況

提供済み

​開始(予定)時期:

2020年~

​Society 5.0との関連

​​IoT、
ロボット

ビッグデータ

AI

オープン

イノベーション

その他

​パートナー

0

​展開国・地域

.

世界 -全域-

今後の目標/KPI等

​定性的評価・実績例

エリクソンは、2025年までに、エリクソンのサプライチェーンにおける排出量の90%を占める高排出量の戦略的サプライヤー350社に対して、1.5℃に沿った独自の気候目標を設定するよう働きかけています。

​定量的評価・実績例

​URL(詳細)

.

ページを閉じる、前ページに戻るなどの操作はブラウザ上で行って下さい。